葬儀マナーとポイント

失礼のない葬儀マナー

葬儀マナーに関する情報

新着情報

葬儀のマナーについて 

まず最初に訃報の知らせを受けても深夜に駆けつけるのはやめましょう。また、電話でお悔やみを述べることは失礼に当たりますので避けましょう。喪家に長居をするのもいけません。葬儀を控えた遺族は悲しみとともに想像以上の忙しさになりますのでこれらの行為はマナー違反になるのです。また、香典を包む際に新札を使うということは失礼に当たりますので少し織り目がついた紙幣を包みます。服装のマナーとしては、髪形や化粧・バッグや小物などは派手にしてはいけなせん。また、葬儀会場で知り合いにであったとしても世間話などはしてはいけません。

チェックしておくべき服装マナー 

あまりおめでたい話ではないので積極的に事前準備をしておくものではありませんが、突然やってくるのがご葬儀のお知らせというものです。そして、その際とても困る事の一つが何を着ていけばマナー違反にならないかということ。葬儀用ブラックフォーマルを用意しておけば無難、ということもありますが使用頻度に対して使う機会の少ない洋服にしては意外と高価なのが難点です。そこで普段から着易いフォーマルにもなりうるワンピースなどを用意しておくことをお勧めします。黒のベーシックなワンピースであれば、大型量販店などで購入できますので値段もお手ごろ。普段から着ていれば体型の変化にも合わせておけるというのも大切なポイントです。タンスの肥やしになりがちなフォーマル着はいざという時入らない、なんていうことがまま起こるものです。

葉っぱのレントゲン

© Copyright 失礼のない葬儀マナー. All rights reserved.