安くなった葬儀費用

今の葬儀の在り方とは

葬儀マナーに関する情報

現代の葬儀は高くはない 

葬儀をするといえば昔は高くて大変なものでした。死に金として500万の用意が必要と保険会社の営業さんにいわれるほどです。しかし、最近の葬儀は多様化し、それほど高くもなく、故人や遺族の希望にそって小さいシンプルなものでも出来るようになってきました。家族葬などもたくさんコースがあります。死亡すると病院が葬式にかんしては紹介できます、と言われることがありますが、そうなると流されるままに物事が運ばれてしまうのでおすすめしません。予め普段から情報収集をかかさないようにしましょう。

自分らしい葬儀のかたち 

葬儀に対して前向きに考えるシニア世代の方も増えています。最近では今までのような親戚会社関係の人を集めての大がかりなタイプではなく、家族だけで静かに行ったり、埋葬方法もお墓を買って入るだけではなく、樹木の下に埋めてもらえる樹木葬や合同で永代供養をしてもらうタイプ、散骨など色々な葬儀の形を自分自身で選ぶことができます。生前に契約をしておくと、いざというときに故人の遺志通りに希望を叶えてくれるサービスを行う会社も増えています。自分らしさを貫きながら、心のこもったお別れの儀式をすることができるでしょう。

© Copyright 失礼のない葬儀マナー. All rights reserved.