葬儀の希望を記す

葬儀のありかたについて

葬儀マナーに関する情報

故人の為にも葬儀はしっかりやる 

故人の為にも葬儀はしっかりやってあげましょう。悲しみに暮れてるだけでは物事が先に進みませんので、残された遺族の為にもしっかりと行う事が死を見つめるきっかけになるのです。一度霊魂が離れた肉体に、もう一度戻ってくるかもしれないというのが古来よりの考え方でした。科学が進んだ昨今ですので、霊だの仏だのと薄れている時代ではありますが、私達は機械ではありません。悲しみの感情を整理するのに時間がかかります。葬儀、初七日、四十五日、一周忌、三回忌、七回忌と故人を悼みながら供養してあげましょう。

葬儀のマナーについて 

若い世代は、葬儀に出席することはないですが、社会人になってから会社関係や親戚関係で出席をすることがありますので、最低限のマナーを知っておく必要があります。特に香典を準備をするときに、必ず香典用の袋を準備しておくことです。そして名前を書くときは、しっかりとした黒い色が出る筆で書かないで、薄い黒い色が出る筆で名前を書くことです。香典の準備ができても、会場によっては受け取りをお断りしていることがありますので、その時は無理やり渡すことはしないことです。最低限の葬儀のマナーを知ることで故人をしのぶことができます。

© Copyright 失礼のない葬儀マナー. All rights reserved.