葬儀の無難な挨拶

宗教別に考える葬儀挨拶

葬儀マナーに関する情報

葬儀の挨拶について。 

葬儀の挨拶といえば、多くが突然の事であるから、何を言って良いのか、どういえば良いのか分からない事が多々ある。宗派によって何と言えば良いのか異なるという向きもあるから、誠に厄介だ。一般的には、「この度は御愁傷様でございます、心からお悔やみ申し上げます」等というのが良いとされるが、とっさの事で言葉が出て来ないときもあるだろう。そんなとき、どんな宗派の葬儀でも使える言葉がある。それは、「この度は・・・」と言って口ごもるやりかただ。喪主の方も察してくれ、こちらも忌み言葉を使う恐れがないので実に安心である。

一般的な挨拶は覚えておこう 

社会人ともなれば、様々な人の葬儀に出席することもあり、そのような場での最低限のマナーや作法はきちんと身につけておかなければなりません。結婚式などの晴れの場と違い、故人との別れを悲しむ場でもあり、また出席も急に決まるのが普通なので、ひと通りの喪服や小物は普段から揃えておきましょう。そしてどのような立場の方の葬儀であれ、故人の関係者の方たちにかける挨拶の言葉など、普段から意識して用意しておかないと、社会人として非常識のレッテルをはられてしまうことにもつながりかねません。相手を思いやる励ましの言葉を、書籍などを参考に頭に入れておきましょう。

葉っぱのレントゲン

© Copyright 失礼のない葬儀マナー. All rights reserved.