葬儀を受け付ける

葬儀の受付係のお仕事とは

葬儀マナーに関する情報

葬儀の受付係について 

葬儀の受付係は、弔問客と顔を合わせるため、きちんとした挨拶が大事です。遺族の変わりとしてお礼などを伝えます。そのため、言葉遣いにも気を配る必要があります。また、受付係は弔問客から場所や開始時刻などの質問をされることが多くあるので、それらに応えられるように事前に会場内のレイアウトや式の流れなどを頭に入れておくことが大切です。弔問客に芳名帳に名前を記入してもらったり、香典を受け取る、返礼品を渡すなどの仕事があります。大規模な葬儀の場合、記帳に時間がかかることもあるので、芳名帳の数を事前に増やしたり、返礼品を渡す係を用意したりなどの工夫が必要となってきます。

受付係は誰に頼めばよいのか 

葬儀を行うにあたり、決めなければないらないことがたくさんあって、喪主や親族は悲しみに暮れる間もなくバタバタします。そんな中で大変なことのひとつに、受付係の依頼があげられます。なぜなら、受付係は親族でなんとかするということが難しいからです。開式ぎりぎりもしくは式が執り行われている間も受付にいる必要があるため、参列していただきたい親しい方にもお願いができません。ですので、町内の方に願いすることが多いようで、地域によっては自治会の方に頼めば、後はなんとかしてくれるような体制が整っているところもあるようです。依頼さえすめば、あとは葬儀会社の方が説明などはしてくれるので安心です。

葉っぱのレントゲン

© Copyright 失礼のない葬儀マナー. All rights reserved.