葬儀参列を断る場合

葬儀に参列できないときは

葬儀マナーに関する情報

葬儀に参列できない場合の対処 

仕事などで当日の葬儀にどうしても出席できない場合の対処方法にはいくつかあります。自分は行けなくても友人や知人など身近な人が参列できるのであれば、香典を一緒に持って行ってもらう方法があります。その場合には受付で記帳をしなくてはならないので、名前や住所を依頼した人に分かるように香典袋にはっきりと記入しておくのが大切です。また、後日自宅に直接訪問して香典を渡す方法もありますが、49日までには行くようにします。他にも、葬儀の当日に会場あてに弔電をおくるのもいいでしょう。自分と故人との関係に合わせて選択してみてください。

仕事に対して真面目に取り組む 

葬儀社への依頼は早いほど経済的です。できれば病院から自宅に帰る搬送の段階で連絡しておくとよいです。葬儀社に依頼するときのポイントは、対応は丁寧で十分に説明してくれるか、内訳の説明があるか、遺族の疑問や相談に真面目に答えるか、地元の評判はどうかなど親族にとっては大切な儀式ですので、仕事に対して真面目に取り組んでくれるかどうかを選ぶポイントとするとよいです。実務的にな手続きは、双方打ち合わせをしながら行われますが、どの宗教、宗派、あるは無宗教でとり行うかは事前に遺族間で話し合っておくことをお勧めします。

葉っぱのレントゲン

© Copyright 失礼のない葬儀マナー. All rights reserved.